カウンター
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

伝説の面接

模試やら文化祭やらテストやらで、ブログに手が着きませんでした。
という今も、実はテスト四日前で大変なんですが・・。
とりあえず、更新しておきます。

--

I君の面接神話。
というものがある。今日はそれを紹介したい。


「では、一人ずつ志望理由を言って下さい」

面接官の先生がそういうと、右端から
一人ずつ、志望理由を答えていく。

「設備が・・」「雰囲気が・・」「先輩が・・」「部活が・・」

様々な表現で、それぞれが学校を褒めちぎる。

そして、I君の番。



「僕がこの学校を志望した理由は、学校面接で・・・」



「I君。ちょっと聞こえないので、もう少し大きい声で言ってもらえますか?


それに答えて、I君は以後「伝説」として語り継がれる一言を発した。


「え?ちょっと聞こえないので

もう少し大きい声で言ってもらえますか?」




明らかにケンカを売っている。
なぜ受かったのか、あの面接官が誰なのかわからない今では
謎のままである。


FC2 Blog Ranking
0574Ranking



2008.06.15(Sun) | 日記 | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tekiboku.blog43.fc2.com/tb.php/880-ca3d67d7
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。