カウンター
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

ドアが壊れた。

教室のドアが壊れた。
ちなみに、横にスライドさせる学校にある一般的なタイプのやつである。

どのように壊れたかを説明したいのだが、とても難しい。
僕の文章力では表現できない壊れ方だ。

無理やり説明してみると


『ドアを開けようと、横にスライドさせる時に生じる僅かな"押し"の力でドアが前へ行ってしまう』


やはりこれではわからない。

ので、ドアを開けた時の連続写真を撮ってきたので見て欲しい。











Image013_ks.jpg






Image014_ks.jpg







Image016_ks.jpg




こうなるのである。




とりあえず、今日の日記進行のため、これを「前スライド現象」と命名する。


用務員さんがドアのたてつけの調節をした時から、この前スライド現象が発生しだした。


よって、僕達の見解は


「彼があまりにもたてつけを良くしすぎたのではないか」


というものでまとまった。



基本的に前スライド現象で、困ることはない。
むしろ楽しい。このままのほうがいい。


なので、この現象が先生に報告されていなかった。
普段先生方は、前のドア――普通のドアから入るので、この現象に気がつかないのだ。


そんな僕達に今日、一つ心配なことがあった。



この教室で、明日高校入試後期の面接があるのだ。



僕達の記憶が正しければ、面接者は 後ろのドア から入る。


後ろのドアから入る。
それが何を意味するか、それはもちろん



Image017_ks.jpg



前スライド現象を体験するということである。




ベランダに何故かリスが現れた時も


「あぁ、リスか」


と、華麗にスルーをしたHさんすら、初めてこの現象を体験した時


「ぬおおおっっ!?」


と叫んだのである。


ただでさえ緊張している受験生などひとたまりもない。




「次、公太君どうぞ」

名前を呼ばれ緊張がさらに高まった。
緊張を静める為に、深呼吸をした。

一歩一歩を確かめるように、ドアに近づいていった。


ノックをする手が震える。
握り締めている左手が汗ばんでいるのがわかる。


目をつぶり、もう一度深呼吸をした。

目を開くと緊張が少しおさまったのがわかる。
『大丈夫』そうつぶやいて、二度ノックした。


「どうぞ」


明るい声が教室の中から聞こえた。女の先生だろうか。
ドアを開けたら、礼、そして・・・

面接練習で教えられた事を頭で思い返しながらドアに手をかけた。

そして、





ここで発生する前スライド現象



これはさすがにまずい。
そう考えた僕らはやっと今日、先生に報告をした。






「前にスライド??よくわからないぞ・・・」


「とりあえず、あけてみてください」


「あけてみるって、別にふつ・・・おぉおっ!??


「こうなるんです。面接があるんですよね?」


「そうだな・・・これは少し・・・」


「どうするんですか?」


「・・まぁ、こういう予想外の出来事の中でこそその人の本心が見えるっていうしな。


別にいいだろ





「予想外にも程がありませんか」








結局、前スライド現象は直されていない。
受験とは、本当に厳しいものなのだ。


そう、実感した卒業の季節。



FC2 Blog Ranking
0574Ranking






2007.03.05(Mon) | 日記 | cm(9) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tekiboku.blog43.fc2.com/tb.php/654-88e2689e
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
2193.
実感するところ間違ってませんか。
ろっど | 2007.03.05 17:47 | edit
2194.
きゃー

僕来年受験ですよー
縁起悪いですよ 笑

もし、面接でこうなったらすごいことに
なりそうですよね・・・

てか、携帯OKなんですね・・・

とー | 2007.03.05 18:55 | edit
2195.
いやー。面白いことになりそうですね。

でもまぁ、「このドア押すべからず」見たいな張り紙でも張られるんでしょうね。

残念です。
僕。 | 2007.03.05 19:21 | edit
2196.
 最初の文章説明だけでも十分想像がつきましたが、写真で見ると想像以上に凄いですね。
 でも高校受験でこのような試練にあっておけば、大学受験のいいステップになりますよ。ファイト受験生★☆
美保 | 2007.03.05 21:15 | edit
2197.
こんにちは。ああよくありますよね。
私の学校では、左扉をあければ右扉が動くという奇妙な二枚扉がありましたよ。(結果真ん中に扉が重なる)
・・・受験生ガンバレ。
竹平 | 2007.03.06 12:30 | edit
2198.
>> ろっど さん
他に実感するところが見つからなかったので・・・


>>とーさん
来年ですか。頑張ってください。
今のうち野菜とか果物とかの生産量世界TOP3とか、覚えておくと役に立ちますよ。
多分。

面接でこんなんになったら絶対動揺します。
自分が壊したかと思っちゃいますよ・・・。

普通、どこの高校でも携帯okですよ。


>>僕。さん
いや、これ押さなくてもこうなりますから。
横に引いても、どうしても少し前に力かかるんですよ。

いやぁーこのドアを開ける受験生が見てみたいなぁ。


>>美保さん
想像つきました?意外です。。

少しあいたくない試練ですけどね・・・。
まさかドアが前にいくとは誰も思いませんよ。


>>竹平さん
「よく」はないと思いますが^^;

ほぉー珍しいですな。
それはなかなかめんどくさい扉ですな。


受験生ほんとにがんばれー。
tamu | 2007.03.06 12:38 | edit
2206.
だ…だめだ…(爆)(爆)(爆)(爆)(爆)(爆)(爆)腹筋が割れた場合は、報告します(爆)(爆)(爆)面白すぎます!
ちゅう | 2007.03.08 10:40 | edit
2208.
>>ちゅうさん
久しぶりの長文でした・・・。

気に入ってくれたなら頑張ったかいがあります。
ありがとうございます。

tamu | 2007.03.08 12:16 | edit
2217.
普通、確かに

 ふ・つ・う

は、ケイタイokなんですが、ふつうじゃない県が④県ほどあるようですよ(o^-^o)
もちろんちゅうの県は…もちろん…もち…ろん(泣)


ちゅう | 2007.03.08 22:12 | edit
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。