カウンター
ブログ内検索

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

--.--.--(--) | スポンサー広告 |

商工中金選考フローについて

就活の話です。忘れないうちに書いていきます。
今回は、商工中金の選考フローについてです。
こうして記事として残しておけば、来年の就活生の役に立つかなと思っています。
商工中金の選考については、新人銀行員かもひこの就活回想録。『かもブロ』 が大変詳しく書いてあるので、そちらをご覧ください。

僕は、ほぼ変りないのですが2012年度(2013卒)の選考フローを書いておきます。



2月中旬~ リクルーター面接2回
県内である程度名前がある学校に通っていると、エントリーをするだけでリクルーターから電話がかかってきます。
「商工中金についてお話したい」との内容で、新入社員1対学生1~3程度の面談形式です。
仕事についての説明や待遇など、基本的な会社説明が行われます。
逆質問の時間が30分ほどあるので、2~3用意しておくといいと思います。
内定後(辞退しましたが・・・)に聞きましたが、ここでの選考は行われていないそうです。


1回目の面接を終えると、全員に電話がまたかかってきます。
「もう一度お話したい。次は◯◯さんの事も知りたい」という内容です。
次は、5年目程度の中堅社員との面談です。1対1~3程度だと思います。
もう一度、仕事の内容や感想などの軽い説明があります。
その後、がっつりと逆質問の時間があります。
最低でも5個はないと時間が余ってしまって気まずい空気になると思います。
また、軽くですが「志望動機」を求められました。
ここでは選考が行われているので、気合を入れていきましょう。


3月初旬~ 支店長面接
2回目のリクルーター面接を突破すると、また電話がかかってきます。
「重要な面接がある」との内容で、成績証明書・卒業見込証明書・健康診断書・履歴書を持って来てと言われます。
3回目は支店長面接で、1対1でがっつりと面接をされます。
自己PR・志望動機・学生時代頑張った事など、内容は基本的なことです。
また最後に逆質問の時間があるので、質問を考えておきましょう。
ここでバッサリと切られます。


3月中旬~ 食事会・アドバイス会(?)
支店長面接を突破した人で、評価が高い(?)と食事会に誘われます。
これは、選考ではなく本当にアドバイス会みたいなものでした。
近所の喫茶店で紅茶とケーキをごちそうになり、次の「本社人事面接」のアドバイスをされます。
人によっては、これがなく人事面接に挑む人もいます。


3月下旬~ 本社・人事面接
支店でのリクルーター面接・支店長面接を突破すると東京八重洲本社で人事面接があります。
1日で2回あり、一回目は圧迫・二回目はノーマルというように、タイプの違う個人面接を二回こなします。
時間は20分×2程度です。

とにかく履歴書の内容を詳細に求められます。

「なぜこの大学に入ったのか?」「なぜこの学部なのか?」「他の学校は考えなかったのか?」

また、就活についてもかなり詳しく聞かれます。

「他にどこを受けてるのか?」「なぜそこを受けたのか?」「なぜメガバンクを受けないのか?」
のように、想定外の質問も多くあります。

また、志望動機・自己PR・趣味・サークルなど、基本的内容も聞かれます。
僕は、1回目は失敗・2回目は成功という実感があったので、1回目で失敗しても
気を落とさずに2回目に挑みましょう。
この人事面接が最大の壁です。


3月下旬~ 本社・最終面接
人事面接を突破すると、最終面接の案内がきます。
最終面接は集団面接で、1対5の30分で聞かれる内容は基本的ことです。
自己PR・アルバイト・頑張った事・苦労したこと など。
物凄い穏やかな面接で、一人一人が喋る時間もとても短いので、どこをみられているのかわかりません。
全通かと思いきや、落ちる人もいます。
まぁ、面接官の目をみて、論理的に、ゆっくりはっきりと喋れば落ちることはないと思います。

その場内定はなしで、内定の場合は翌日電話できます。
「就職活動をやめること」が条件となります。内定承諾書などはありません。


以上です。
とにかく共通して言えるアドバイスは「中小企業を支えたい」「商工中金が第一志望である」の2点を強く訴える事です。
参考までに、僕のESの志望動機を書いておきます。



Q商工中金を志望する理由についてご記入ください。 (200文字以内)
私は昨年6月に静岡で開催された、女性経営者全国交流会に参加させて頂きました。そこでは、沢山の中小企業の社長にお会いでき、お話を伺えました。どの社長も「自分が地元を支えている」という強い決心で働いていると語っていたのがとても印象的でした。この会を通じ、中小企業が日本を支えているのだと気が付かされました。そして、中小企業を
支える存在になりたいと決意し、商工中金ならばそれが可能だと考え、志望致しました。








---
就活のまとめ

日本政策金融公庫 面接 フロー(2013卒)
http://tekiboku.blog43.fc2.com/blog-entry-1135.html

商工中金 面接 フロー(2013卒)
http://tekiboku.blog43.fc2.com/blog-entry-1134.html

テストセンターの対策
http://tekiboku.blog43.fc2.com/blog-entry-1167.html

2012.04.28(Sat) | 就活 | cm(0) | tb(0) |

この記事へのトラックバックURL
http://tekiboku.blog43.fc2.com/tb.php/1134-30d40f9b
この記事へのトラックバック
この記事へのコメント
Name
E-Mail
URL
Title

Password
管理者にだけ表示を許可
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。